WEBデザイナーは人気の職業

 

WEBデザイナーは人気の職業です。未経験者でもWEBデザイナーの仕事に就きたいと思う人が多いです。

 

また、現役のWEBデザイナーさんですとこんな思いを持ってはいませんか。

  • 仕事にやりがいを感じているのか?
  • 自分のやりたい仕事が出来ているのか?
  • スキルに見合った年収は貰えているのか?

 

そんな時に活用するのが転職エージェントです。収入アップやハイキャリアなどを狙う人も転職エージェントを利用して、より働きやすい環境を求めています。そのために、専門のコンサルタントが支援してくれる転職エージェントを賢く活用しています。

 

転職エージェントへの登録は、1社の登録で十分かと思いがちですが1社のみの登録ですと、担当者の話が腑に落ちないと感じた場合など、確認することが出来ません。ですから、2,3社登録して比較したほうがいいです。特に更なるアップを狙い転職する場合ですと担当のコンサルタントさん次第で大きな違いが出てきます。需要の多い人気職種ですのでよりよい環境を求めていきましょう。

 

 

また、転職エージェントには非公開求人案件が必ずありますので、サイトを閲覧するだけでなく無料登録して非公開の案件も確認して行きましょう。

 

IT業界に強い転職エージェント

レバレジーズテック
キャリアを目指したIT・Webエンジニア転職専門

レバレジーズテックは顧客一人一人にキャリア形式を考慮してサポートを行ってくれます。またフリーランス向け、転職向けのサービスを行っていますのでより自分の希望に合う転職先を見つけやすいと思います。

運営会社 公式サイト 評価
レバレジーズ株式会社 WEBデザイナー,転職,エージェント,年収アップ

ワークポート
IT・インターネット業界専門の人材紹介会社

ワークポートはIT・インターネット業界専門の人材紹介会社となりますのでぜひ登録しておきたいエージェントになります。常時12,000件の求人案件を持っていますが、その他に非公開案件も多いです。IT業界に強いコンサルタントがサポートしてくれます。

運営会社 公式サイト 評価
株式会社ワークポート WEBデザイナー,転職,エージェント,年収アップ

typeのIT派遣
IT系やWeb系企業の保有案件が多い

大手企業・有名企業とのつながりが深く、ITエンジニア、Web系SE・クリエイターに強いのがtypeのIT派遣の特徴です。創業以来、IT関連企業の中途採用や転職を行っているのでIT業界に強いエージェントです。

運営会社 公式サイト 評価
株式会社キャリアデザインITパートナーズ WEBデザイナー,転職,エージェント,年収アップ

マイナビクリエイター
業界最大規模の求人数

マイナビは転職業界では大手となり専用コンサルタント数も多く徹底的なアドバイスが期待できます。IT業界の転職にも力を入れています。ぜひ登録しておきたい大手エージェントです。

運営会社 公式サイト 評価
株式会社マイナビ WEBデザイナー,転職,エージェント,年収アップ

パソナキャリアカンパニー

非公開求人数が多いエージェント
パソナキャリアカンパニーでは求職者の希望に沿った職を提供するために、平日・土日問わず面接を行ってくれます。自分の経験や希望条件などしっかり伝えることが出来ます。

 

運営会社 公式サイト 評価
株式会社パソナ パソナキャリアカンパニー WEBデザイナー,転職,エージェント,年収アップ

 

転職エージェントを使って探す求人募集

転職の求人募集情報をさがす方法として転職エージェントを使う方法があります。エージェント側といい関係を築くことができれば、転職活動も行いやすくなります。転職エージェントにこちらを理解してもらうには、どんなことが役に立つのでしょう。

 

転職活動全般に関するアドバイスをもらったり、職探しの指針を聞いたりして、転職エージェントとたくさん会話をしておくのも手段の一つです。エージェントは過去のさまざまな経験から求人募集情報も転職に成功するためのノウハウもたくさん持っています。

 

面接の準備はどんなことをすればいいかなども聞いてみるといいかもしれません。他社を通じた転職活動についても相談してみましょう。

 

内容によっては言いづらいこともありますが、転職エージェントは判断材料として正確な情報を必要としています。適切な助言が必要ならば、正直に話した方が利点は大きいものです。重要な事実をあえて隠したまま転職エージェントと話すことはよくありません。その時は転職がうまくいかずとも、転職エージェントとの関係性がより深まれば相手も納得するようです。

 

エージェントの口添えによって当落ラインぎりぎりのところで転職に成功することもあります。求人情報を賢く使うためにも、転職エージェントの存在は大事にするようにしてください。

仕事の適正に関して・・・

仕事の適性とは

 

自分の適性や能力を踏まえて仕事を選択することは、非常に大事なことといえます。販売や営業の仕事には、初対面の人とでも和やかに話せることが大事です。人と話すのが苦手で、初対面の人とは思うように話せないという人には営業に仕事の適性は無いというものです。適性の有無だけで仕事を選択するものではありませんが、一つの参考意見にはなるでしょう。勘違いしてはいけないのは、仕事の適性を最優先してはいけないと言う事です。大学の就職セミナーでは、適性試験を受けて仕事を選ぶようにという話をされることがあります。しかし、適性検査で出た結果をうのみにして仕事を選ぶことが、正しい選択とは限りません。あなたは経理に適性がありますと、ある適性検査で出たとしましょう。自分ではあまり経理など好きではないし、そもそも数字をいろいろとやるのは好きではないとします。たとえ適性があると判断されても、最終的には自分の意思で選ぶべき仕事を決めるべきでしょう。勿論チャレンジしてみたいと言う人がいればよいことだと思います。なりたい仕事を選ぶ時には、適性検査は参考意見にはなりますが、決定的な強制力を持っているものでは決してありません。

 

 

仕事の適性と検査

 

適性検査の結果を根拠にして、自分の仕事を選ぶというやり方が浸透しつつあります。仕事との相性を簡単な質問でチェックするものが、適性検査といいます。企業によっては人材を選考する際の採用基準にしているケースが多いといいます。企業によっては、1次試験や面接を受ける時に、適性試験を同時に受けるというところもあります。会社が人選する場合に使われるだけでなく、自分の仕事に対する適性を見るために適性検査を受ける事もできます。仕事を選ぶ時に適性検査を受けることで、自分にはどういった仕事が向いているかを判断できます。せっかく会社に採用が決まっても、数カ月たつと仕事が肌に合わないからと辞めてしまうという人もいるようです。仕事についてみて、初めて自分にはこの仕事の仕事と適性がないことに気づき、精神的に追いつめられる人もいます。適性があると思ったのに自分の特性を活かせないといった話はよく聞くことでは無いでしょうか。仕事と自分が合わないと感じる理由は、自分の適性を正しく把握していなかったために仕事と合わなかったなどがあります。仕事の適性検査によってこのタイプの仕事が合っている言われたから職業に就くというのでは無く、自分の性格や能力などを確認する為に適性検査を利用するべきです。まずは適性検査を受けて、その結果を確認してみることです。その上で、この仕事についた自分を想像してみたり、どんな将来像を描いていきたいかを決めることが大事であるといえるでしょう。

 

 

仕事の適性とキャリアプラン

 

仕事を決める時には、自分にどんな適性があるかを知ることが大事です。適性がわかったら、将来のキャリアプランを作成しましょう。実際に働き始めたら、思い描いていた仕事と違っていたという理由で、勤めてすぐに次の仕事を探し出す人もいます。せっかく入社したのに、早期に退職してしまう人が年々増えているとも言われています。転職に対する抵抗感も、以前と比べて随分と少なくなっているのも事実です。転職すること自体が一般的なことと認識されつつあり、転職をせず一つの会社にずっといるという人の方が近年では珍しくなってきています。転職は普通になってきているのは事実ですが、あまりにも短い期間で転職を繰り返していると仕事の適性という事以前に、人間性を問われてしまう可能性もあるので、あまり良い事ではありません。キャリアプランを明確にして、今後どのような人生設計を歩んでいきたいかを決めることで、計画性のある転職をしていくことができるようになります。キャリアプランとは、自分の適性や将来への展望、どんなことを優先して生きていきたいかによって仕事への考え方をまとめることです。今まで生きてきたことで積みあげてきたことや、満足できることは何だったかを考察します。子供の頃から今に至るまでの間に出会ってきた人の中で、特に影響を受けた人について調べることもあります。今まででどんな成功をして、どんな失敗をしてきたかなども、振り返っていきます。今までの自分の足跡を見つめ、どんな技術や能力を持っているかもはっきりさせます。過去の人生を振り返りながら将来について考えるための材料としていきます。将来の人生を考えることで、就きたい仕事や、仕事で自分がやってみたいことが考えられるようになります。自分の適性に合う仕事をすることは大事ですが、そのためも、明確なキャリアプランをつくって自分が目指すところをはっきりさせましょう。

 

仕事探しに関して

仕事探しのための自己分析

 

どのように仕事探しのための自己分析をするべきなのでしょう。採用面接時の自己アピールのために必要なのが自己分析なのですが、それだけに限らず自分にとってベストな仕事探しの指標にもなるものです。自分は何のために働くのか、どんな職業なら自分らしさが生かせるのかについて、自分の考えを整理することが自己分析です。名の知れた企業だから、人が羨む人気企業だからという、周囲の情報だけに、自己分析を丁寧にしていないと、仕事を見つけるときに影響されてしまうかもしれません。人生の目標も、自分の根っこにあるもの早い段階で発見し、仕事探しが見つけたものに従ってできるようになれば容易に見つけることができるでしょう。自己分析は一度やって終わるものではなく、何度も見直していくものです。自己分析において吟味するのは、どんなことにやりがいを感じてきたか、現在までに自分がしてきた成果をこれを機に振り返ります。同時進行で、多くの仕事探しに役立つ新情報があるのでどんどん入手しましょう。自分の中を掘りさげることも自己分析では大事ですが、1人の人間か持っている情報は限られています。さまざまな生き方をしている人の話や、他の職種の人の話を聞き、自己分析ではそのことについて自分がどう思ったかも振り返りましょう。新しい出会いや、自分の中の可能性を、情報を知る過程で発見する場合もあるでしょう。自己分析をしっかり行って仕事探しに活かしていきましょう。

 

 

仕事探しに必要な準備について

 

実際に仕事を探そうと思ったら、必要な準備はどんなものなのでしょう。フットワークも軽く、思い立ったらすぐに動くのも大事ですが、仕事探しを達成するための大切なのはしっかりとした準備です。現時点で働いていない人は、仕事探しと同時に働くための準備も大事です。仕事探しを今働きながらする人も、家族や周囲の人に新しい勤務地や、勤務時間の変更などがどのような変化をもたらすかを検討することが大切になってきます。どんな条件で仕事探しをするかを、仕事探しを行う前からはっきりさせておきましょう。要点を押さえた行動を心がけておけば、いざという時にスピーディな決断もできます。どんな目的でなぜ仕事を探すのかを自分で理解しておくことです。絶対に仕事探しで満たしておきたい条件は何かを明確にしましょう。どうしてその条件が不可欠なのかを自分で分かっておけば、そこから志望の動機もはっきりするかもしれません。その仕事をすることが、最初に考えていた自分の希望どおりだとはっきり言えることが、仕事探しの成否を分けます。後々就職活動で行動に矛盾が出たりすることが、ポイントが明確でないままで仕事探しをしていることによってあるでしょう。志望動機を面接の場でもしっかりと述べることができなくなってしまうでしょう。仕事探しの準備では、何を最重要ポイントにするかをはっきりさせることが大事です。